タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
どんぐり
近所の神社の横の小道に大きなどんぐりの木がある。
その小道を散歩で通ることがある。

この日もここを通り散歩をしていた。すると、上から何かがガサガサと言う音を立てて落ちてくる。
それもかなりの量だ。一体なんだ? と見上げると木から落ちてくるどんぐりだった。しかし、何で?
良く見ると、木にすずめらしき鳥が沢山止まっていて、その鳥がドングリのみを落としているのだった。


しかし、どんぐりも頭の上に当たると案外痛い。ジュディーとさくらは大丈夫なのかと見てみると、別に上を気にしてはいなさそうだ。

下を見ると、大量の落ち葉で地面はフカフカになり足が埋まる感じがするほどだった。
あれ? ジュディーもさくらも歩きにくかったんだ。上から落ちるどんぐりより、足元の枯葉の歩きにくさの方が大変らしい。短足もかわいそうだな。。。。


今度は芝生の公園に連れて行ってあげよう・・・・


今日の一枚
c0057041_2319309.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-12-13 23:19 | その他
誕生日カード
11月30日がジュディーの誕生日だった。めでたく14歳!!!
やっと誕生日カードが出来たので遅れたけどプレゼントしようと思う。
当日は、ジュディーにササミケーキを作成した。
ささみケーキと言っても、ささみとチーズを割いてスポンジケーキに見立て、トッピングはイチゴの代わりにプチトマトを乗せる。
見た目があまり美しくなかったので、写真は写さなかったが、要するに気持ちだ。


その作業を娘がじーーーーーーーーーーーーーーーーーっと眺めていた。
予想通り、娘が一番先にかじりついた。
おまけにトマトを残すではないか。

ったく。。。。
しかし、ジュディーは時々私の顔を見ながら美味しそうにささみケーキをガッツガッツ。
美味しかったんだ~。


よかった良かった。




出来上がったカード
c0057041_1072918.gif

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-12-10 21:59 | 愛犬
勝手すぎる我が愛犬
秋晴れだし、愛犬の撮影には最適だと思い散歩へ出かけた。
最初は、少し2匹を撮影したのだがもう、飽き飽きしたって感じでファインダーを覗いた表情は不機嫌そのもの。

そりゃそうだな。こんな気持ちの良い日に撮影に付き合うより、遊びたいよなぁ・・・・
と、その時立ち寄った神社などを撮影していた。

そのうち、撮影に夢中になりすっかりジュディーとさくらがいるのを忘れるぐらいだった。
すると、さくらが私の足をつつき
「いつまで撮影してるの? そろそろ歩こうよ」と言っている。
あ、そうだね。せっかくだから歩こうか。と歩き始めるが空の青さと鳥居の赤なんて素晴らしいじゃないか? こうやって動かない被写体を撮影するのもいいもんだね。
などと独り言を言いながら又パチリ。
すると、又さくらが
「いつまでカメラ触ってるのよ。歩こうよ。も~」と言っている。
「そうだったね。ごめんね。もう少し待って。後一枚だから」
と話しかけて顔を見るとかなりの不機嫌。
ついでに足元にまとわり着いて私の足を爪を立ててかきまくる。
これはかなり不機嫌だ・・・・




ちょっと待ってよ!!!!
あなたが、自分が撮影されるのがイヤだと思って風景の写真を撮ってるのに、カメラを持ってるのがいやなの?

なるほどね。
一緒に歩くのが楽しんだ。歩きながら時々見上げると私と目が合って、楽しさを確認し合うのがいいんだ。




って、カメラって案外楽しいのよ。だから、少しぐらい付き合って下さい。
お願いです。



という事で今日の一枚

c0057041_2348690.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-12-06 23:48 | 愛犬
長湯
私は入浴時間は大体30分が平均だ。
しかし、今日は一時間入っていた。何という事もないけれど、お風呂でボーっとしたりしていたらそれぐらい経過していたって感じ。その間、じっくりと汗をかいて体も温まって来たのを実感していた。


すると、どこかから犬がキュ~ンと言っている声が聞こえる。外か? いや、聞いた事ある声だ。
まさか? とお風呂のドアを開けてみると洗面所の外にさくらが顔半分だけ出してこちらを見てキュンキュン言っている。
何かあったのか?  そろそろ出てもいいかと思っていたところなので、結局お風呂からあがることにした。

すると、洗面所にしっぽをお尻まで振る勢いで振りまくり、私めがけて突進してきた。
どうやら、長湯だった私が気になって見に来たようだ。

「いつまで入ってるの? 何やってるの?」
と、人間なら言っているだろう。
ここまでなら、なんと可愛い愛犬だ、と思われることだろう。ところがそんな可愛い愛犬ではない。

既に時間が11時を経過していたので、早くお布団で寝たいのだ。だから、私を呼びに来た。

「早くお風呂から出て、お布団へ行こうよ」という事だ。
ったくマイペースで可愛げなんてあったものではない。
大体、自分が寝たいからといって気持ちよくお風呂に入っている私を呼びに来ることはないじゃないか。それも、お風呂に入れられるため私に捕まらないように洗面所の外から呼ぶなんて、ムシが良すぎないか?
そういえば、さくらのとーちゃんの恭平も同じ事してたわよ。顔を半分だけドアから覗かせてこっちを見るなんて、あなたたち親子ぐらいのもんだ。


しかし、
「待ってたの? さくらしゃん。ゴメンねぇ~。すぐに着替えて一緒に寝ようねぇ~。ちょっと待っててねぇ」
と声をかけてしまった。


ったく私はアホである。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-12-04 00:01 | 愛犬
叔父が弱気・・・・
母方の叔母が茨城へ車で行くことになり、便乗して茨城まで行こうかという話が出た。
しかし、同じ茨城でも反対方向になるため、途中までが限度であることが判った。
せっかくだが、次の機会にしよう、ということになった。


ちょうど叔父ともしばらく話していないので、電話をした。
叔母が出て「元気よ。ただ、今日は風邪をひいて寝てるのよ」と言った。
しばらく叔母と話をしたのだが、叔父が
「今年を超えられるかな」と言っていると言う。
どうしてそんな急に弱気になったのだろうか?


少し前にめまいがすると、メールに書いてあったが、医師が脳に転移をしているかもしれないと、言ったらしい。検査の結果転移は無かったらしいが、それがショックだったようだ。
脳に転移がないのに、今までなかっためまいの原因がはっきりしないので不安でもある。

大体、健康な人でも原因が判らないめまいなどは不安になる。当然といえば当然だ。
ただ、叔父は簡単にあきらめたりめげたりはしない人だし、その強さを取り戻して一日も早く元気になって欲しいと思う。
ま、風邪が治ったらいつもの通りパチ〇〇へ行くと信じているけれどね・・・・





これから寒くなるし、皆さんも風邪などには気をつけて過して下さい。。。。。。

今日の一枚
外をながめるさくら。こうして外を通る人をチェックしながら通っていく人に吠えたりする。
どうせなら、少し前に近所に車上狙いに気づいて吠えて欲しかった・・・・・・
c0057041_23301264.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-28 23:33 |
ガメラが火をふく
先日、体重計に乗りながら
「どうしよう。2キロも痩せた」とガメラが言う。

ひざが痛くなり病院に通っていたが、医師からは「痩せろ」と言われていた。
そのため
「良かったじゃないの」と答えたがガメラは
「今までにこんなことはなかった。2キロも痩せるなんて」
と、言うではないか。
ついうっかり
「大丈夫だってば。2キロでしょ? 病気で痩せたのなら今頃入院だけど、2キロぐらいなら病気でもないし、もっと痩せてもいいんじゃないの?」

と、言ってしまった。言い訳するつもりはないが、なにも意地悪で言ってるんじゃない。5キロ痩せろと言われていて2キロしか痩せていないのだ。それに、つい最近健康診断を済ませて大した問題も無かったのだから病気の可能性は低い。なので、2キロぐらい痩せたってまだ喜ぶ程ではないのだ。


しかし、ガメラは私の言ったことが気に入らなかったらしい。


「あんたには何も相談しない。そういう意地クソわるい事を言うことは判っていし、同情しろとまでは言ってない。ただ2キロ痩せたって言っただけだ!!!!」

そりゃ、もー烈火のごとく私をののしった。



ガメラの火炎噴射がこれほど激しいとは、恐るべしガメラ・・・・





で、相談て何だよ? え?  何の話だ?
同情って何だよ? え? 誰を同情するんだ?


私が同情されたいよ。。。。。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-26 00:18 | その他
まさかの池
日曜日は快晴で、気温も11月とは思えない暖かさであった。ジュディーとさくらを連れて川沿いの公園に出かけたのだが、本当に気持ちが良かった。
こんなに天気がいいのに、誰もいないし犬嫌いのジュディーとさくらにとっては天国だ。一緒に歩いているとこの天気気持ちも雲ひとつなく快晴だ。
変な表現だが、普通は怒りや不安など否定的なことを知らず知らずのうちに考えていて、そういう時は心の中に雲がかかっている感じで、そういう否定的な事が頭に浮かばず前だけを向いている時は、心が快晴の空のように広く、明るく、爽快だ、って感じがする。


ジュディーもさくらも元気だし、こんな日が毎日続けばいいのに、と思う。



すると、さっきまで後ろにいたさくらがいない。
あれ? と思うと川に入って遊んでいるではないか!!!!!



ちょっと、タオル持って来てないんだけど!!!!!
どうやって帰るのよ。え? 
まさか、11月に水に入るか? 
あ、そういえば真冬の2月に水に入ったことがあったっけ・・・・・・



しかし、ふと振り返ったさくらの顔を見るとむちゃくちゃ楽しそうなんだ。
11月だから水に入ってはいけないなどと言う概念もないし、いちいちタオルを持ってきたか?と私に許可など得るわけもないし、さくらにとっては楽しいのなら何でもいいのだ。



仕方ない。さくらと反対の方向を向いて「乾くまで帰れないじゃないか~」と叫んでみた。


一人叫ぶ声は、川の流れの音にかきけされたのであった。。。。。




c0057041_0283841.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-23 00:28 | 愛犬
叔父の夢を見た
叔父の姿は出てこなかったが、お客さんが来るから買い物に出かけていて帰ってくるのを待っているってだけの内容だが、そういえばしばらく叔父と話していない気がする。


嫌な内容ではなかったので、叔父に何か急な変化などもないような気がするがメールを出してみようと思う。
考えてみれば、この間私が出したメールの返事が来たところだから
「用もないのにマメにメールしてこなくていい」とか言いそうだ。


用はないが、二重の虹を見た、とかなんとか言ってメールしてみようと思う。
元気なら今日はメールや電話は禁止の日だしね。
何で、って?


パチでんがな。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-16 23:52 | その他
ダブル・レインボー おーマイが~っ




人生2回目の二重の虹を見た。
静かな感動を感じましたねぇ。一重の虹も最近では見ることが少ないのに、なんだか得した気分にもなった。

で、前に確かこの虹を見ると幸運が訪れるとか聞いたので、ちらっとネットで調べたら出てきたのが上の動画。


この人、面白すぎない?
叫んだだけならまだしも泣いてない? 絶叫といい素晴らしく感動しているのはわかるけど、逆に
マジで笑えてしまって、ダブル・レインボーの感動ってどころじゃなくなった。それどころか、ダブル・レインボー大笑い状態だ。
なんてことだ。
くくくっ。。。。



私の感動を返せ!!!!!





で、あの人いつまで叫んでいたんだろうか。。。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-10 21:28 | その他
ちょっと、どーすんの
ローズマリーをウォッカに漬けて、2週間放置、そしてろ過して液体と葉に分けた。その液体を瓶に入れて保存していたのだが・・・・・


フタが空かなくなった!!!!!!


にっちもさっちも、どうにもこうにも瓶のフタはびくともしない。怪力ガメラに頼んだがさすがに空かなかった。
どうするんのよ、これ。。。。。。





ところで、他のサイトさんを参考にすると漬け込んだ時に液体は緑色になるらしいが、私の場合茶色に近い。それもかなり濃い色をしている。どうやら漬ける時の液体をエタノールとかにするといいらしいが私はホワイトリカーで漬けてしまった。
お風呂に入れるぐらいなら、ウォッカやホワイトリカーでもいいらしいが効能などに違いがあるのかもう少し調べないと判らない。

考えれ見れば、祖母がヘチマを育てて化粧水を作り、ヘチマは乾燥させてボディーブラシとして使っていた。米ぬかは布巾に包んで顔や体などに絞った液を乾燥防止に使っていた。
今ではヘチマを見ることも少なくなってきたし、米ぬかは匂うのでお風呂で使っている人はまずいないだろうと思う。


ローズマリーだって聞こえはいいが、自然の物を活用るすのはヘチマや米ぬかと同じである。きっと、ローズマリーの入浴剤も分量を減らしたり増やしたりして適量が見つかるのかもしれないし、そういう調整の出来るのが自然の有効利用の利点かもしれない。




そんな事を考える前に、ローズマリーの瓶のフタをなんとかしないと何の意味もない・・・・・・・



募集
堅く閉まって空かなくなった瓶のフタを開ける良いアイデアを募集します。採用の方にはローズマリーの漬けた液体をプレゼント。。。。。。。。。(笑)
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-09 00:43 | その他
ローズマリーでお風呂
前に手作りの石鹸に挑戦しようかと思い、ローズマリーを近所の方から頂いていた。
乾燥させて、ミキサーでちょっと荒めの粉程度に粉砕し、ホワイトリカーに漬け込み2週間待つ。
かなり色の濃いローズマリーの液体が出来た。



で、石鹸だが、やる前からあきらめた。ムリそうなのでやりだして途中で投げ出すよりは最初からやらないほうがいい。
が、せっかく作ったローズマリーのホワイトリカー漬けなんでお風呂に入れることにした。クレオパトラだって綺麗になるために使ったんだ。私だって必ず綺麗になれるはず、と言いながらお湯に浸かること20分。


何も変わらない・・・・
そんなに簡単に変わるはずはないと判っているものの、何らかの変化が欲しいではないか。



って、大体どれぐらいの濃度で入れたら効果があるの? お風呂にローズマリーの匂いが全くしないんだけど。


という事で、多分ローズマリー風呂程度のお風呂で綺麗になろうとした私が単純であると気づいたのである。



c0057041_23355523.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-05 23:36 | その他
健康診断結果
健康診断へ行って来たのだが、その結果が出た。



健康でございました。


当たり前のように健康でいるけれど、この当たり前が続きますように。





近所の方が亡くなられて、その奥様に久しぶりにお会いした。この方はもう80歳は過ぎておられるだろうか。。。。
ご主人も昨年にはまだ畑仕事をする姿を見たのだがその時は当たり前のように感じていた。しかし、80台であの畑仕事が出来るというのもいま思い返すとすごいことだなって思う。

そして、この奥様の自宅の敷地には3代の家族がそれぞれ一件ずつ家を建てて住んでおられる。この時たまたま散歩に出かけたらお会いしたのだった。そして庭先でユキノシタのことなど立ち話をしていた。
すると、ずっとご主人が手入れをされていたらしい。今は、雑草ばかりになってきた、と少し悲しげな表情をされた。
そして、自分が住んでいる家には一人しかいなくなり「寂しいよ~」と何気ない表情で続けた。
いくら、同じ敷地に息子や孫の家があっても埋まらない寂しさらしい。
というより、家が別々なので結局一人で過すことになるから孤独を感じるという事だ。
「又、いつでもいいから遊びに来て」と言われた。


家族が近いし、家が近いから、とか、一緒に住んでいるから、孤独なんてないだろ、と当たり前のように思う。
この当たり前を解消するのは、ちょっと耳を傾けること、ってことなのかもしれない。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-11-02 00:21 | その他
やっぱり台風か。。。。
ホームベーカリーを買って、パンは家で私が焼く。もちろんガメラは食べるだけ。



うちは、ソフト仕上げが好みなのでパンのミミも柔らか目である。所がこの日に焼いたパンはミミが固いし塩っ辛い。どうやら、分量を間違えたらしい。
私より先に辛いパンを食べたガメラが何か文句を言うのでは、とビクビクしながら生活をしていた。ところが、何も言わない。
老化すると、塩っ辛い味を感じなくなるのか? 先日食べたパンのミミの硬さも忘れるほどの記憶力になるのか? と、疑ったりする。
どちらにしてもこの辛いパンは食べたくないので翌朝はフレンチ・トーストにしようと考えた。そこで、思い切ってガメラに
「フレンチ・トーストって食べるんだっけ?」と様子を伺うために好みを聞くところから始めてみた。
「なんでだ? 食べないことはない」とそっけない返事。
「ちょっとパンがイマイチだったから作ってみようかなって思って。辛かったでしょ」
と聞く。ビビるのが面倒になってきてストレートに聞くことにした。
すると
「たまには、そういう事もあるんじゃないの?」
というではないか。こんな優しい言葉を返すなんて台風が来るに違いない。雨戸を閉める準備でもするか?


と、思っていたら本当に台風がやってきた。運良くこの辺りは雨が降った程度だったが、それにしても下手な事を思うのは良くないな。




で、この会話の続きだが・・・・
私「やけに優しいじゃないの?」
ガメラ「優しい? あんた人間でしょ? 人間ならそういう事もあるって言ってるだけだ。それともあんたは犬か?」
おい!!!!意味がわからんぞ。しかし、反論するとろくなことはない。
私「犬に近いかもしれん」
と、中間点で妥協した。


するとガメラは
「そりゃ、そうだ。さくらは人間だけど、あんたは犬だ」
私「犬・・・・・そうです。私はイヌです」
と答えてその場を逃げた。


が、なんでさくらが人間なんだ?





パンを焼くとは言っても材料を量ってセットしてスイッチを入れるだけだが、これからは塩の入れすぎには注意しようと思う。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-10-30 15:19 | その他
ドドール
ガメラが

「どどーるに行く」と言って出かけた。
どどーるって、ひどくないか?
ドトールだってば。


前にも間違いを正したが、記憶には残っていなかったようだ。
微妙に不安を感じるのは私だけだろうか・・・・




ジュディーちゃんは
「ボールを持ってきて」と言うと、急に目が輝きだし探し始め私の手元にボールを運んできた。
が、今じゃ
「ジュディー、ボールを持ってきて」と私が言おうものなら
「何? ボール? 何だったっけ?」とボケーッと私の顔を眺める。


ボールぐらいいいか・・・・
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-10-19 21:11 | その他
恭平の命日
あっという間に7年が過ぎた。
そして、さくらが恭平の生きた長さを超えた。



恭平が元気な頃、さくらが走って私に近づいてくるのを恭平が私のそばで嬉しそうに一緒に待っている事が何度かあった。
その時はもちろん、恭平は私の横にいるので、私は恭平の姿が見えていない。でも、確かに私の横にいて走るさくらを一緒に見ていた。
時々、恭平は私を見上げ、私も恭平に目線を落とす。お互いに合図したわけでもなく、そのタイミングは一致している。目線が合うと恭平は軽くしっぽを振る。私は笑顔で返す。
そんな光景を思い出す事がある。



今も元気に走り回るさくらを見ると、恭平の分まで頑張ってくれてるな、と思う時がある。
あの頃と同じように私は恭平の姿が見えていない。でも、確かに私の横にいて一緒に走るさくらを見ている。そして、私を見上げそっとしっぽを振る。
ただ、私にはそれがそっとなびく風のように感じるだけである。



今日も私の横でそっと風がなびいた・・・・
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-10-19 00:00 | 愛犬
チリ落盤事故
全員無事に救出されたという事で、歓喜にわいた一日となった。

こういう事をブログの記事にするのは得意ではないが、この落盤事故はただ単に事故から全員が生還したというだけではなく、人間の根源を見た気がしてその自分の思いを残すためにも記事にしてみた。


事故がおきてからどれぐらいでリーダーが決まり、現場での仕事の配分が決まったか判らないが混乱と不安の中で強いリーダーがいることがどれほど大切なことかを教えてくれる。日本の現状と照らし合わせると短期間でリーダーであるべき総理大臣が簡単に変わるのとは真逆ではないかと思う。
この岩盤事故でリーダーが1ヶ月単位で変わっていたらどうだっただろうか? あんたがダメなら次、あんたもダメだったから次、となればそこにリーダーの意味はなくなっている。その人を選出することの意味も単に代表者としての責任押し付けにすぎなくなる。
そして、従う人も従う意味を見出せない。

今回の事故では生きるという事が一つのテーマになっているが、誰もが生きるという事ではこの社会も同じである。しかし、私達は自分がいかに生きていくか、生きやすい社会であるか、どうやったら生きられるかを忘れている。本当はそれが人間の本質かもしれないのに・・・・・
そして当たり前のように自分の周りだけを見て、リーダーに期待をせず、いや期待をしないのが当たり前で、”どうせ変わらない”と思い、自分だけを見て自分だけを守ろうと考えるようになる。
現代では、思いやりがかけているとか、自己中心的だとか、言うが、いかに生きるかを考えれば自然に思いやりが生まれ、他人と共存するために気を配るようになる。思いやりや自己中心が先ではない。いかに生きるかが先であるべきなのだ。

そして、生きることは自分を生かす事なのかもしれないと思った。実際にこの人たちは鉱員で、仕事は鉱山から鉱石を掘り出すことだった。しかし、全員が自分に出来る仕事を与えられ、能力を生かしていた。それは、本来持っていた素質であり、自分が出来ることであり、自分を活かせることだったのだろう。結果として自信になり、生きる希望につながり、生きている実感になり、奇跡へとつながった。
多くの人にとって仕事とはお金を得るための手段に過ぎないが、自分が出来ることを仕事にしていると自分の自信になり、充実感につながり、そして他人を許容することにもなっていく。自由を奪われた彼らには逆に収入のための仕事から解放され、自分を活かす仕事をする自由を得た、ちょっと大げさかもしれないがそんな風に感じた。
ひょっとしたらこの方達はこの鉱山の下で自分の能力を発掘し、自分の可能性を見出したのではないかとも思った。

ただ過酷であったことは間違いないが、過酷な状況も、耐えられたというより、そいったことを背景に乗り越えたという表現がしっくりくる。
ただ耐えるだけではいつか限界が来る。例えば、辛い仕事もただ耐えるだけでではいい仕事はできない。乗り越えるのなら、乗り越えた先にある充実感や生きている実感を得られるんだって思ったりもする。


などと色々なことを考えた出来事だった。
自分の状況が辛くなったときにどう生きるか、何が出来るか、どう乗り越えるか・・・とこの事故を振り返ってみるときっと励みになるに違いない。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-10-14 17:46 | コラム
久しぶりにl公園へ


今日のショット。
c0057041_0233563.jpg
c0057041_0254787.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-10-12 00:35 | 愛犬
アレルギーの結果
異常ナシ。
疑ったエビも全く反応が出ていないし、犬猫関係も異常がない。

という事はアレルギーの原因は判らないということになる。
蕁麻疹だとしても、一般的に80%の人が原因がわからないらしい。
とにかく安心したのは犬アレルギーではなかった事。とにかく良かった。
疑わしいものであるエビはしばらく食べないほうがいいとは言われたが、それぐらい平気である。


結果として、これからもしばらくアレルギーの薬を飲んで次第に薬の量を減らしていくという、治療になった。治療といえるかどうか判らないが、もう少し病院のお世話になるのは確かだ。


それから、化粧品も疑ったが症状が体の内部から出るものなので、皮膚に異物が付着したための症状ではないという事も判った。

どちらにしても、もう少しスッピン生活が続くことになる。
って、しばらくお化粧をしなかったらこのまま面倒になり何もしなくなりそうで怖いかも・・・・・だって、ほんとに手間がかからないんだよねぇ。


という事で、後は体調を整えてアレルギーが出ないことを願うのみである。


心配してくださった皆様ありがとうございます。
犬アレルギーだったら、とかなり沈んでおりましたが、この通り元気が出てまいりました。
2匹をいつもより抱きしめて、ジュディーにもさくらにも嫌な顔をされましたがこうして抱きしめられることがいかに幸せであるか教えられた気がします。
ほんと、幸せです。


今日の一枚
私の愛する2匹
c0057041_23493378.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-10-05 23:49 | その他
何だかこのごろ
具合が悪いと言うか、調子が悪いと言うか。。。

元々は、アレルギーが出た頃からって気がする。
どちらにしても、先週アレルギー反応なのか何なのか判らないが顔中真っ赤になってしまい腫れて来たので皮膚科へ行って来た。やはりアレルギー検査をしてアレルギー原を特定した方がいいということになった。
というのも、犬のアレルギーもあるからというのだ。言われることは予測が出来ていたけれど、私の場合アレルギーの出方があまりよくないらしい。口の周りが腫れるし、声が出にくくなったのだが、これが良くないというのだ。のどの周りが腫れるとそうなるらしいが、その場合呼吸ができなくなる事もあるので危険ということだ。


しかし、もし今犬のアレルギーだと診断されてもどうすることも出来ない。
医師は
「犬と離れてください」つまり、一緒に住むなという意味だ。ありえん。
これは、私が2匹と離れられないと言うこともあるが、14歳と12歳の老犬を引き取ってくれ、とお願いする事などできるだろうか? 私にはできない。
それに、老犬だからこそ余生はのんびり慣れ親しんだ環境で日向ぼっこでもしながら暮らしてほしいと思うものだ。


来週にはアレルギーの原因がわかるが、とにかく憂鬱な日が続いている。



今日の一枚。
少し前にノラの猫が私の前に2匹立ち止まった。まだ大人になりきっていないようだ。その1匹の顔があのみゃーにそっくりだったので思わず写真を引っ張り出してこんなのを作ってみた。
懐かしい。でも、やっぱり可愛い。。。。。。



[PR]
# by kyouhei414 | 2010-10-02 00:38 | その他
回答を得る
インターネット検索で回答を得ることのできない10の質問に答えてくれるサイトを立ち上げたという記事をネットで見た。アメリカの調査らしいが回答を得られない質問は、
1. 人生の意味は何ですか?
2. 神様は存在しますか?


などで、日本人でもどこの国でもきっと回答を得たいけれど得られないと思うのは同じだと判る。
回答を得られなくても、同じ疑問を持つという事は大切である。
例えば極端だがどうして他人を殺してはいけないか、という疑問を10人のうち2人しか持たなかったとしたら残りの8人は殺める行為に疑問を持たない。つまり、行動してしまう可能性が高い。


中には、一番いいダイエット方法は何ですか? みたいな質問があったが、この答も簡単なようで簡単ではない。例え10人中8人が成功するダイエットだとしても残りの2人が失敗するのなら一番良いダイエット方法が他にあるはずなのだ。結局、誰もが疑問を持たないダイエット法が見つからない限り、必ず疑問を持つ人がいることになる。


歴史を見ても、疑問を持つことから発明や発見があり、知恵と知識が解決の糸道を作ってくれる。しかし、回答を得られない質問には、知恵や知識が当てはまらずに、思想、哲学、欲望が絡んでいるような気がする。



質問が何だったか、すぐに忘れ去る私にはこういうサイトを考え付く人がいることがというのがとても新鮮だった。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-09-25 01:17 | その他
大喜びのさくら
しばらく、弟を完全無視状態で悲しませていたさくらだが、やっと大歓迎で出迎える日がやってきた。



この日は、たまたま玄関の近くをさくらとジュディーがウロウロしていたのだがそこに弟がやってきた。ドアを開ける音と同時にさくらが絶叫の大歓迎で出迎えた。
こちらへ近づいてくると
「やっと喜んだんだな」と嬉しそうにさくらに言っている。
そんなのオカシイ


何かあるに違いない。そう直感した。
足元にまとわり着くほどの歓迎で、お尻まで振りまくり弟と共にリビングに入ってきた。
やっぱり・・・・

弟は買い物をしてきたため買い物バッグを持っていた。
私には判る。さくらは弟と会えて喜んでいるのではない。何かを買ってきたから喜んでいるのだ。
それは何かって?自分の好物のジャーキーだ。早い話が、ジャーキー大歓迎!!!!って事だ。



まだそれが弟はわからないようで必死にさくらの頭をなぜ
「そんなに興奮して喜ぶなよ~」と言っている。あなたほどノー天気な人はいない。
普通ならここで何も言わずにおくところだが、さくらを見るとテーブルの上に置いた買い物バッグから自分のおやつを取り出すのを待っている。
弟にはかわいそうだが、
「何を買ってきたの? 買い物バッグの中をさくらに見せてやってよ」と言った。これでもノー天気君を傷つけない配慮をしたつもりだ。
すると、
「さくらの食べれるものは何買ってないぞ!!!」と反論してきた。
仕方ないので私がバッグを最大限に広げて、中身をさくらに見せてやった。



シッポが止まった。





さくらちゃん、あなたってある意味すごいよね。


今日の一枚。
さくらの花とさくらとジュディー

c0057041_2343932.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-09-07 23:44 | 愛犬
まさかと思うけど
しばらく前になるが、急に唇が腫れて痒くなった。
一週間ぐらい続いただろうか、次第に腫れが引いて痒みもなくなった。一体なんだろう? と思ってはいたが治ったのだからヨシとしようと思っていた。
しかし、完全に治りきる前に又唇が腫れて痒くなった。
何で? 
他はなんとも無いし、顔の皮膚にも痒みが出たなら化粧品も疑うべきだが唇だけなのだ。
まさかアレルギーか? と思うが調べてみると食べ物でアレルギーが出た場合に唇が腫れたり痒くなることがあると判った。


エビ
だ!!!!!
って、検査していないので多分という話ではあるが、その日はエビフライを食べたのだ。


でも、検査はしたくない。何でって、エビは好物でございます。
もしエビのアレルギーだと検査の結果が出たら、それは私から好物を奪うという事であって、我慢を強いられるのだ。


辛い。辛すぎる。


所で、アレルギー検査ってアレルギーが出ている時じゃないと検査にならないのかな?
検査するとアレルギーの原因は特定されるんだろうか?


とにかく、今年はあせもが出来るし顔がかぶれるし、アレルギーにはなるし、何かと皮膚に関係した出来事が続いている。しかし、イヌアレルギーにだけはならないでくれ~!!!!


あ~、痒い。。。。。
しばらく我慢かなぁ
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-09-05 23:32 | その他
どうしたというのだ。。。
ここのところ、さくらが私の弟を見ても全く喜ばない。
お情け程度にシッポを振ることはあっても寝たままチラッと弟の姿を見て6回ぐらい振るだけで終わる。


あなた、さくらに何をしたの?


弟は心当たりが無いと言うが、多分
「何処へも連れて行ってくれないし近所の散歩でさえ、面倒がって連れて行ってくれないじゃないの? だから私には用がない人なのよ、あなたって。」
と聞こえてきそうだ。
なので変わりに「遊びに連れて行けば機嫌も直るんじゃないの?」と言っておいたが、その間も弟を無視するさくらであった。



正直に生きるって素晴らしい。
人間と違って言葉を持たないが、だからこそグチグチ言葉で言われて嫌な思いをしていつまでも根に持つなどといういやらしさを作らない。
目も合わさない程敬遠されても、何故か反省したくなるのだ。ま、正直なところ見ていて見事すぎて面白いほどだが。。。。ぶふっ。


今日の一枚
c0057041_0101335.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-09-04 00:00 | 愛犬
それ、必要か?
弟が家族で某施設に遊びに行こうかと言い出した。そこは、夏だけ花火をするが、以前見に行った時に良かったので又見に行ってもいいというのだ。
近くには海がありジュディーとさくらを連れて遊ばせてから、車に留守番をさせて自分達は花火を見るというのだが、それ、必要か?

夕方に海に到着する予定で行けばいいというが、このクソ暑いのに砂浜を走ってジュディーとさくらは楽しいか? それに、いくら夜にかけての車での留守番とはいえ、暑い中を待たせる気? それ、必要か?


私は基本的に家族で出かけるという時は、必ずジュディーとさくらを連れて行くことを前提にしている。だから、ジュディーとさくらを連れて行くと言えば私は必ずついてくる。そうすると、私はジュディーとさくらと一緒に走って幸せすぎておおはしゃぎするし、ジュディーもさくらも、帰って2階へ上がれないほど疲れるほど遊ぶ。そのため、弟は皆を幸せにできる、とサービス精神が全開状態になり満足できる。


しかし。しかしだ。そのサービス精神は今は必要ない。
大体、ジュディーもさくらも車で10分程のところにある井戸水から作った人口の池と、川のある公園で十分だ
。前程若くないジュディーなど、走りすぎて疲れるほどの場所は酷である。


行くならガメラと二人で行って来い、と言うと、ガメラと弟が私をひどいヤツ扱いし始めた。


っていうか、本当は2匹が楽しいのなら連れて行ったほうがいいのか?って迷いもある。ただ、わざわざ遠くへ行かなくても・・・
ん~、2匹はどうなんだろうか。。。。。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-08-31 23:53 | 愛犬
走るさくら
今日は、近くで花火があった。
ジュディーは花火の音を怖がるため、外に出ることはもちろん頭かくして尻かくさず、狭いところに頭を突っ込んで震えながら耐える。狭いところなら何処でもいいようで、私とソファの間にもぐりこんだり、ソファーカバーを短い手でかき分けて隙間を作って頭を突っ込んだりする。
ま、彼女なりに隠れているつもりらしいが頭をつっこんでも音が消えるわけではないので花火が終わるまでは耐えるしかない。


そして、今日は花火が始まったにも関わらず爆睡だ。やっぱり聞こえないのか、と思いさくらだけこっそり散歩に連れて行った。と言っても、さくらが連れて行けというので連れ出したのだが、おびえながら花火の元を散歩させるのもかわいそうだし、寝ていて気づかないのに起すこともあるまい、と考えたのであった。

さくらは、やっと涼しくなった夜空がお気に入りで、門の外にシッポフリフリで出て行った。
ドッカ~ン

と、聞こえたがちょっとびびった程度だ。さすが恭平の娘。怖いものなんて無いだなぁ。もしジュディーに似ていたらビビって動けないだろうに。。。。。
続いて聞こえる花火の音が妙に響く。
ドッカ~ン

と、数発打ち上げられたその時
「抱っこ~」と私にしがみつく。 
抱き上げた状態で少し歩いたが、抱っこのままじゃ散歩にならねぇべ?
そこで下に降ろして「さ、歩こうか?」とさくらを促す。

しばし歩いたが、明るくなる夜空と響く音。
やっぱり「抱っこ~」らしい。
で、しばし抱き上げたがこれじゃ散歩にならないし、やっぱり帰ることにした。
「さくら、もう帰ろうか?」と下に降ろしたら・・・・・・・


いきなり走り始めて家まで猛スピード。
「どこへ行くの?」と聞く間もなく走り去った。


家の中に入ると、半分寝ぼけたようなジュディーに体当たりして完全に起してしまった。
そこで、
ドッカ~ン

とな。


結局、起されたジュディーは花火にビビルはめになり、さくらはソファーでそ知らぬ顔でくつろぐ。
さくらの後ろから走った私は息切れ。


って事で、いいことナシの一日でした。。。。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-08-22 01:16 | 愛犬
暑すぎる
これだけ暑いと、本当にしんどいのだけれど、暑い日が続いていてたまたま暑かった、というのではないだけに体力的にも辛さを感じる人が多い気がする。

ニュースだったか、犬も早朝の散歩が増えているらしく熱中症にならないように気をつけなくてはいけないと言っていた。確かに若い子たちならまだしも12歳を超えてくるとやはり体力なことだけを考えても気をつけなくてはいけない。
私は夜、散歩に連れて行くのだがまだアスファルトが暑い日があるし、人生一度ぐらいは早朝散歩に挑戦してもいいかな、と思う。
って、朝が苦手なので一度も早朝に散歩へ出かけたことが無い。ジュディーもさくらも飼い主さんに似てしまったのか、朝は私が起きるまで起きない。さすがだ(笑)
多分私が早朝に起きて散歩に行くと言っても疑って起きてこないかもしれない。この2匹なら可能性は十分にある。という事で毎日夜の散歩で終わってる。



そういえば毎年、水のあるところへ散歩に出かけるが今年はまだ一度しか水遊びをしていない。
水遊びできる所が2箇所あり、いずれも浅いのでジュディーもさくらも本当に気持ちよさそうに水に浸かる。決して泳ぐわけではなく水の中を歩いて深くなりそうなところでUターンする。
水っていうのはお風呂みたいに浸かって体を冷やすものだと思っているようで、水遊びというよりは水風呂状態だ。で、時々近くで一緒になった人に見られて笑われる。
「泳がないのですか? 浸かるだけ?」って聞くのだ。ええじゃないか。気持ちよければええじゃないか。
って、私も水に浸かりたいけど今更、水着なんて着れないしな。。。と、水遊びする2匹をうらやましく思ったりする。

でも、ワンコと泳げるプールなんてのかあったら一度ぐらい一緒に泳いで見たいなぁ・・・・・・



c0057041_23452478.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-08-19 23:45 | 愛犬
冷えとり
前ににゃんママさんに教えてもらったサイトを参考に時々半身浴をするようにしていた。が、夏の暑さですっかり忘れてしまった。
が、友人から電話がかかってくることになっていて、ちょうどいつもの入浴の時間と重なったのでお風呂につかりながら電話で話した。
しかし、お風呂で電話はあかんね。音が響くと言うかこもると言うか、そんな感じで相手が聞き取りにくいのではないかって思う。あの音を何とかすれば長電話好きの私にはうってつけの半身浴タイムとなる。

今日からしばらく、「お風呂で長電話するための音の響きを少なくする方法」の検索に没頭しよう。
って、そんな事する時間があるなら社会貢献でもした方がええんとちゃうか?




確かに・・・・




で、久しぶりの半身浴であるが、夏だから冷えないと思っていたが案外冷えていたようで足がポカポカしている。しかし体は言うほど暑く熱を持っている感じがない。不思議だねぇ。
これで調子が良くなれば明日からも時々やってみよう。



それから、叔父が先月まで抗がん剤を休んでいたそうだが、今日から再開した。しばらくは副作用が出るので大変だと思うが、何とか乗り越えて欲しいと思う。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-08-10 23:26 | その他
12歳
今日、 盆踊りをかねたお祭りがあり2匹を連れて通りがかったので寄ってみた。

すると、案の定ジュディーとさくらをめがけて子供が集まってきた。そこにその子供達の祖母らしき方が近づいてきて
「うちもダックスがいるので」と言う。女の子で12歳らしい。うちも12歳と14歳になる子だと言うと小柄なので若く見えるといわれた。
その子は歩くスピードはゆっくり出し随分太ってしまったし、とても走れるほどではないという。骨格も大きく5キロ以上あるという事でうちの子たちが小さく見えたらしい。
が、うちもちょうど5キロぐらいだと思うよ・・・・・
こう見えても案外太いのよ。



その帰り、スーパーに寄った。ガメラが一緒だったのだがスーパーで仲良くガメラと一緒に歩くことはめったに無い。私は必要なものだけをさっさと買ってさっさと帰りたい方だが、ガメラはスーパーに友達がいないかを探しながら歩いているようで、一緒に歩くといつまでたっても帰れないのだ。
今日も案の定、ガメラが親子らしい人たちと立ち話をしているではないか。ジュディーもさくらも車に待たせてあるし、いい加減にして欲しい。すると、ガメラが
「この人達誰か覚えてるか?」と聞くではないか。
でも見たことがあるような気がする知らない。
そしたら、その娘さんの方は私の幼稚園の時の同級生だった。小学3年生ごろに転校したし小学生の時には同じクラスになっていないので、ほぼ幼稚園の時以来になる。


それで判るか????
同級生とは「お互い言われてみれば判るけどねぇ、どこかで偶然に会っても判らないよねぇ」という事で話が落ち着いた。つまりは、「お互いあの頃と比べて変貌したので判るわけないが、今顔あわせをしたので次に会えばわかる」、という事である。



あ~あ、あの頃は可愛かったなぁ・・・・
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-08-08 00:04 | 愛犬
暑さ対策
我が愛犬たちもこの暑さには参っているようで、外に出てもトイレだけ済ませてさっさと家の中に戻ってくるようだ。
庭で日光浴が大好きなのだが、寒い、暑い、雨はきちんと避ける。昼間の暑い時は”寝るが一番”であると知っているようで、夜に私と行く散歩が日課だ。
それでも昨年は水浴びの出来るところへ避暑に出かけたりしたが、今年は私の方が出かけたくないほどぐったりしているので、一度も出かけていない。
と言ってもじきに、14歳になるジュディーからすれば家で昼寝が最高の贅沢なのかもしれないし、難しいところではある。
さくらは外出大好きなので、遊びに出かけていないこの状況に少しストレスを感じているようでもある。かといって、ジュディーだけ家においていくわけにはいかないし、やはり難しいところだ。


この猛暑も明日がピークらしいが、夏ばてをしないようにして残りの夏を乗り切っていかなきゃ。
皆さんも、気をつけて暑い夏を乗り越えてください。

今日の一枚。
黒い色は熱を吸収すると言うが、マジでジュディーの背中はさくらより断然暑くなる。
だからではないと思うが、さくらより暑がりでいつもアイスノンを抱えて爆睡している。
c0057041_2318131.jpg

[PR]
# by kyouhei414 | 2010-08-05 23:20 | 愛犬
写真の整理
沢山撮影して溜まった写真を整理していた。
すると、こんな写真が出てきた。


c0057041_23185618.jpg



この時、買い物に出かけてついでにジャーキーを買ってきたときだと思う。自宅に戻り、買ってきたジャーキーの袋から少しおやつをあげて、袋に戻して違う部屋に移った。しかし、通常なら私からはなれずについてくるはずが、いつまでたっても私のところにやってこない。気になって見に行くとさっきあげてしまったはずのジャーキーの袋の中に顔を突っ込んでいる最中だった。

更に私が近寄ったことにも気づかないでもくもくと食べているではないか。隣にジュディーがいたがジュディーはよだれをたらして見ているだけで、ありつけない。
この状態ではさくらの短い足の間にあるジャーキーはジュディーの口に入ることは無いだろう。

すると、さくらが私に気づいた。仁王立ちする私をそっと見上げ、そして私から目線を外す。そして、口に入れたジャーキーを吐き出した。今更吐き出して何になるというのだろう?

そして「やってしもた。」という表情のさくらは私に何を言われるか判っている。さくたとしてはこのまま固まるしかない。私もしばらく仁王立ちで一言も何も言わずにさくらを見つめた。
そして、カメラを取り出し撮影。
撮影する瞬間に抱え込んでいたジャーキーから少しずれた。罪を軽くするための作戦だ。




こら~!!!誰が食べていいって言ったの? 黙って食べるなんてダメでしょ!!!

と、一応叱ったのだが考えてみれば私が悪い。
さくらは賢いのだ。私が封を開けたジャーキーの袋を置いた場所も見ているし、手が届きそうだという事も判っている。
もちろん置いた場所と、食べている場所は離れている。つまり、さくらはジャーキーの袋に手が届いたのでこっそり袋を引きずって犯行の現場まで持っていった。その時に私が何も言わなかったので犯行に及んだのだった。

ジュディーもさくらもこういう事は全くといっていいほどしない。通常なら私を呼びに来て欲しい事をアピールする。大体、私がジャーキーを部屋に置くことをしない。
以後、気をつけるようにしよう。
[PR]
# by kyouhei414 | 2010-08-02 23:50 | 愛犬