人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
ちょー さぷらいず
昼間、携帯がなり出てみると茨城の叔母だった。
「今、床屋の前にいるのよ。そちらへ向かうところ」
とな。
私「え? 急に来ることになったの? 車で?」
叔母「そうよ。もうすぐ着くわよ。」
私「は? どこにいるの?」
叔母「○○ちゃんの家の近くの床屋よ」



絶句した。

言葉どおり、すぐに家に到着した。
叔母が最初に車から出てきたが、前に乗っていた車と違うのでひょっとしたら運転手は違う人か? と思ったがマジで叔父が車から出てきた。

思わず
「夢じゃないよね? 私って寝てないよね? 起きてるよね?」と叔父に確認してしまった。
叔父は「ほんとに決まってるだろ。茨城から来たんだよ。何言ってんだ。」とな・・・・
これは、叔父が企んだ悪戯である。私を驚かせるつもりだったらしい。憎いねぇ~

そして、「仏壇に手を合わせに来たんだ。すぐに帰るからな」と言うではないか。
泊まっていけばいいのだが、店があるから帰らないといけないという。

それにしても最後に叔父に会った時より元気なのでは、と思うほど元気だった。叔母もとても楽しそうな表情が印象的で、このまま叔父の病気が治ってくれるかもしれない、と思うほどだった。

いつもどおりの叔父と叔母と時間をすごしたがあっという間に時が流れる。帰ると言ったら本当に帰る人だし、止めてもムダだと判っている。私も素直に甘えたりする可愛らしい性格ではない。しかし、初めて「もう少しいてよ」とダダをこねた。


叔父は私が小学生の時に叔母の故郷である茨城へ引っ越した。私は子供の頃から叔父が大好きだった。他のどの親戚の叔父さんより、近所の叔父さんより、誰より好きだった。茨城へ行くというのはショックでならなかった。
そして茨城へ出発するときうちに寄って、「○○子、これ、買ってきてやったからな。」とノートやクレヨンを私に手渡し「そのうち遊びに来い。」と言った。そのときのクレヨンはまだ今も持っている。
私は「クレヨンなんていらないから、もう少しここにいて」と言いたかった。でも言えなかった。あれから数十年。。。。。


あの時に言えなかった「もう少しいて欲しい」という言葉を言えたような気分になった。
帰り際車の中から「又遊びに来い。メシぐらい食わしてやるからな」と叔父のいつものせりふを口にした。
どうしてだか、涙ぐみ始めた私に向かって叔父は
「勝手に泣いてろ。オレは行くからな」と本当に車を走らせた。




そして、「○○子の元気な様子を見て安心した。こちらは9時半に家に着いた」
と短いメールが来た。








幸せな時間を本当に感謝した。
いくつになっても私は叔父が大好きだ。





さらに、つきさんからコメント頂戴した。
本当に久しぶりで、驚いた!!!!
そして嬉しかった。
忘れた事のない一人の友人である。
by kyouhei414 | 2010-03-09 23:27 |
<< あずき %そしてその先は÷になる。 >>