タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
スピリチュアリズム
最近は、スピリチュアルという言葉を当たり前に聞くようになっている。

しかし、一体スピリチュアルって何だろう?
これほど曖昧で意味の掴みにくいものはない、って思っていた。そこで、スピリチュアルの意味を調べていた。
その時、「動物は人間と違い死により全て消滅する。人間は死んでも魂が残る。しかし、可愛がっていたペットは死んだ後に飼い主が来るのを待つ」と説明されたものを目にした。

バカバカしいと思われる方も多いだろうが、少しお付き合いを。



私は元々両親と良好な関係ではなかった。子供の頃はずっとどこかに孤独感を持ち、自分は両親から一部しか愛されていないのではという不安も常に持っていた。その不安は両親を愛するとか、他人を無条件で愛することが怖いという症状を生んだ。
その症状を緩和してくれたのが恭平だった。私に無条件の愛情を向け、それに答えようと愛情を搾り出す自分を知った。恭平は決して物質的なことで表すわけでもなく、言葉で想いを伝えるわけでもない。しかし、表情はもちろん体全体、いや生活全てを私に向けてくれる。そして、その愛情を感じれば感じるほど、無心になれる自分がいた。
文字通り犬バカが出来上がったわけだ。
何匹かペットを飼ったのだが、そういった意味で恭平は私にとって必要な出会いだったのかもしれない。だからその記録を残そうと、私のサイトの「ダックスの恭平」に物語りを書いていた。きっと無条件に愛されることに不安を持っていなければ、わざわざ残そうとは思わなかったかもしれない。

そして、判ってはいても本当に目の前に恭平の死がやってきた。それも父の病と恭平の病、そして2ヶ月違いの恭平と父の死は私にとって深い悲しみを残した。悲しくて苦しく、自分もいなくなってしまえば楽なのに、という思いはしばらく私を苦しめた。guestbookでは同じ経験をされた方がいるので、その方たちと悲しみを共有し、同じ経験を共有した。

あれからこのサイトを消さなかったのはまだ悲しみにについて消化しきれないものがあり、書き残しがあるような気がしていたからだった。私の本当のやりたかったことは同じ経験をされた方、同じ悲しみを抱えた方が、一日も早く悲しみから笑顔になれるようなヒントを書くことだった。
しかし、答えも出ないまま時が過ぎ、そしていつしか目の前の出来事だけしか見つめていない自分になっていた。


それでも、悲しみから抜け出すヒントが見つからないのと同じように、恭平の遺骨を手元から手放せずにいた。夢にも出てこない恭平は今どうしているだろうか。父と一緒にいるだろうか、と思いをめぐらすが見えないことを想像して自分を誤魔化しているに過ぎない。

そんな時、その記事を読んだのだった。
決して無条件に感動したとかではなく、逆に色々な疑問を私に投げかけることになった。疑問などは又別の機会にするとして、簡単にスピリチュアリズムの説明を。


まず、スピリチュアルとは死者とのコンタクトが取れる事を信じる人の事を言う。
どうやってコンタクトを取る? その前にコンタクトが取れるという事は死者はどこかに存在していなくてはいけない。
では、どこに? 死者は体はなくなっても魂が残りそれが天に向かい天にいる。天といのは天国とは違うらしいが、とにかくその世界には自分を守ってくれる霊や導いてくれる霊も存在している。その場所に死者も向かう。
そこで基本的に色々な霊は私たちに語りかけてくれる。もちろん死者も上から見ていたり話しかけたりしている。しかし、五感しか持たない私たちはそれに気づかない。
上の世界の人たちは私たちの使う五感以外がコンタクト方法らしく、私たちの世界との連絡を取るには電話では当然無理だし、あちら側が使える五感以外のコンタクトツールを使うことになる。そのツールはなんと人間なのだ。その人間とはコンタクトツールを持っている限られた人になる。
注意することは霊能者とかそいういう類はここでは別物ということだ。あくまでコンタクトツール役が出来る人の事を言う。
もう一つ大切なことは私たちはこの世界で色々な苦難を乗り越える特訓をうけ、試練から勉強をして成長をすることが目的という事がある。この辺りは霊的な成長とか述べられていていささか微妙な問題なので次回にでもじっくり取り上げるが、大切なのは動物や植物を大切にしたり愛情をかけることは人間に課せられた責任であるということである。
その愛情をかけられた動植物は私たち人間に愛情を与えてくれる存在となる。結果として、お互いに良い関係で成長をしていくという。

魂は愛情を栄養にして成長していくものらしい。
人も動物も死んだ後に体が無くなれば、残るのは魂だけとなる。動物虐待などを繰り返していれば、当然体が無くなった後の魂は愛情という栄養がないので未熟なものだし、愛情を沢山経験したものは栄養一杯で魂は大きく成長する。動物も栄養一杯で成長した魂は飼い主を迎えることが出来るほどの成長した魂になる。
このことはもう少し範囲を大きく見ると自分の周り以外の万人に愛情を与える事で周りを救い幸せにできるという事になる。


とにかく私は愛情をかけてもらったペットが魂を持ち、天で飼い主を待つ、という事は事実であって欲しい。

それは、生きるための希望になるのだ。悲しくて悲しくて辛いほど・・・・という死別の悲しみを抱えると生きることへの疑問がわく。愛する人を奪った天を恨んでしまう。
しかし、これが本当ならば、たとえそれがペットであろうとなかろうと、あふれんばかりの愛情を与え、そして与えられた関係には別れはない。
この死別は今生の別れなんかじゃなく、彼らが自分を待っていてくれるそんないとおしい存在でいてくれるのだ。だから決して別れではない。
自分を置いて先に旅立ってしまった悲しみは、逆に言うと愛情の量と同じである。悲しいという事はそれだけ愛されたことの証明でもある。だから別れは決して無駄ではない。
愛する人が魂だけになってしまったとしても、あなたへの愛情は消える事はない。
もっと成長する事を望んでいるかもしれない。
いや、逆に地上に残っている私たちはこれからも多くの人に栄養を与える使命が残されているという事なのかもしれない。
[PR]
by kyouhei414 | 2011-01-15 01:16 | スピリチュアル
<< スピリチュアル・シリーズ2 あんた誰? >>