人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
スピリチュアル シリーズ 多分4
スピリチュアルの歴史の中で有名なのはシルバーバーチですが霊界通信の記録が本になっています。その中で、動物のことにも触れています。

「可愛がられた動物は人間の情愛を受けて人間的性格を持ち始る。そして死後にもその個性をたずさえ死後も人間の霊に混じって生きている。」
「人間が可愛がる動物----犬、猫、その他のペット類----へ向けられる愛は死とともに終るのではありません。愛があれぱこそ生命は進化するのです。」
などと説いています。
私たちの愛によって個性が強められたペット達だからこそ、死後も存在していてくれるということなのです。単に、飼っていたペットだからとかいう理由でこのようなことはありえません。私たちの愛情のありかたがペットの個性を生み、そして私たちに限りなく永遠に継続する愛情を与えてくれるのです。



上記はダックスの恭平・スピリチュアルに掲載している文章から抜粋



この個性というのは一体何か?
じっとさくらとジュディーを見ていて感じたことがある。
それは自分の好き勝手が飼い主を喜ばせるという不思議な現象だ。
好き勝手というのは、本能に従い生きるはずの動物は本来危険が迫れば相手を攻撃するのも当然だし、生き延びるために食べるものを奪うのも当然で、行きたいところへ行き自分の居心地の良い場所で眠るのも当然の行動ということ。
例えば、人間と一緒に暮らしているペットが同じ行動をしたらペットとしては成り立たない。あたりまえではあるが・・・ただ、そういうペットでも好き勝手な行動をする。しかし、その行動は人間が見ていてほほえましく思える行動の時が多い。
大の字になって腹を見せ、なぜろと要求したり、寒いから抱っこしろとくっついてきたり、ドライブすればこの真冬に窓を開けろ、風を浴びたいんだ、と要求したり、全く上げたらキリがない。
これは、私たち飼い主が可愛がった形が”甘える”感情を生ませたのであってそこには必ず絆がある。ペット達も与えられた環境や愛情を知るからこそ、”動物”を超えた感情や生活を得ていく。それが個性となっていくということで、与えられた愛情により個性が強まったり弱まったりする。その子の性格にもよるけれど人間くさいペットをよく見かけるのはその個性のせいだろうと思う。
そうやって、ペット達の好き勝手は実は私たちに”あなたへの愛情だよ”といっているような気がするのである。


そしてペット達は天国へ旅立ってもその愛情を消すことはないのだろう。。。。。と思うのである。



今日の一枚
c0057041_1112124.jpg

by kyouhei414 | 2011-02-26 11:12 | スピリチュアル
<< 思い出した!!!! 春が来た >>