人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
懐中時計
子供の頃に片親を亡くすということは非常に辛い経験だと思う。私には経験が無いが、父が6歳の時に父親を亡くした、という事を何度も聞かされ、そして病に倒れてからも言ったことがある。幾つになっても忘れる事の出来ない経験なんだと、その時に感じた。
大人になってから親を亡くした場合は、親としての役目を成長するまでに十分に受け取る事ができたのだから、それだけ幸せなのだろう。
孝行したいときに親はなし、というが、親を亡くすと親に対してどれだけ自分が返すことが出来たのかと自問自答し、返せなかったと気づく。人間は愚かに出来ているとも思う。私はその代表だ。

「父親がいるだけありがたいと思え」と父に言われた事を鮮明に覚えている。闘病記にも書いたが、この言葉は父に言われたからこそ心に残っていた。そんな父がよく言っていたのは「父親代わりに6歳から働いた」という事ぐらいだった。
父はどんな幼少自体を過ごしてきたのだろう? 父親がいないことは寂しくなかったのだろうか? しかし、それらの疑問に父は何も答えなかった。「自分の経験したことと同じ事を子供には経験させたくない」と別の場面で私以外の人に言ったのを聞いた覚えがある。

今振り返ると父が自らの経験から、私に与えてくれた物は大きいと思う。
父の辛く悲しい経験は決して無駄ではなかったと思いたい。



父が亡くなって、父の座っていた食卓テーブルにある棚を整理した。見覚えのある懐中時計が出てきた。それは、私が子供の頃「オヤジの形見だ」と言って見せてくれたものだった。半世紀は眠っていただろうか?ケースは古めかしく、ガラスは割れていた。それでもどこか新鮮で貴重な品物に見えた。
今、その懐中時計は私の部屋の棚に眠っている
by kyouhei414 | 2005-05-24 23:50 |
<< 美味しいものが食べたい 天山とん >>