人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
お花が手に入り、早速お墓参りへ行ってきた。相変わらず、父が眠る場所とは認めがたい。

父ともよくお墓参りには来ていた。最後に行ったのは平成14年12月1日だった。お稲荷さんへ一緒に出かけその帰り道に寄ったのだが、今でもあの時の光景は覚えている。もちろん愛犬3匹も一緒だった。時々この時の事を思い出しながらお墓を掃除している。

お墓に着いて掃除をしていたら、下のほうから父にとてもよく似たタイプの人が花を片手にやってきた。白髪交じりで肩幅のがっちりした人で元気な頃の父を思い出させる。
しかし、それで終わらなかったのは2匹の愛犬だった。その人を見た途端、パタッと動きを止め、じっとその人を見ている。驚いているという感じだ。すると、さくらは尻尾を降り始め猛ダッシュでその人の所へ走って行ってしまった。ジュディーも「ワンワン」と吠えながらその人の下へ走っていく。

その男性は犬が好きだったようで「可愛いですね。それに始めてみる私にこれだけ喜んでくれるなんてなつっこい性格なんですね」と声をかけてきた。足元で必死にその人の匂いを嗅いでいたが、声が聞こえた途端動きが止まり尻尾は下がった。

「すいません。ここに父とよく来ていたのですが、多分父と間違えたのだと思います。今日はその父の元へ来たのですが、この子達にとってはまだ戻ってくる存在みたいです」
と言った。
「そうでしたか。私は犬が好きなので全然構いませんよ。しかしお父様は喜ばれますね。こんな可愛い子達が会いに来てくれるんですから」と言った。

花を変えながら父に「ジュディーやさくらに挨拶もなしに行ってしまうから、探してるじゃないの」と涙がこぼれそうになった。そんな私に気がついたジュディーは私を一生懸命になめた。
「ごめん。ジュディー。とーちゃんは戻ってこないからね。許してね」としか言えなかった。

ジュディーとさくらは今父が何気なく戻ってきても、いつもの明るさで出迎えるだろう。もちろん恭平が戻ってきても、きっと恭平のお尻を枕にお昼寝をするだろう。
父が最後に家を出てから今までの間、父は戻ってくると思っているからこそ、父と恭平を探さないのだろうか? そんな気がした。
父と一緒に入っていった父の部屋には、2匹は入って行かない。それは一緒に入っていく父がいないからだろうと思う。これもやはり2匹は父がいつか戻って来ると疑っていないということなのかもしれない。
by kyouhei414 | 2005-06-21 23:00 |
<< 心遣い 性格 >>