タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
自分を知る
知っているようで知らないのは自分自身なのかもしれない。特に自分を自分で評価する時、甘い評価を与える。私もその一人で、自分の事をいつも冷静で、大人しく、クールで興奮などしないまれにみる逸材だと思っている。


今日は私が予約をしたマンモスラボへ叔父と叔母が行く予定であったが、母が一緒に行きたいと言い出した。それも天皇皇后両陛下が昨日から今日にかけて万博をご覧になるとニュースでやっていたからだ。私はガールスカウトをしていた時、その活動中一度だけ天皇皇后両陛下を拝見したことがるためか一種の満足感があり、あまり行こうとは思わない。しかし母がとてもうるさいので結局私も同伴し4人で万博へ。
会場へ到着し、天皇皇后両陛下が視察されるというパビリオンへ直行。もうすでに多くの人が集まっていた。こんなに多くの人が集まっているのだから見れるはずは無い。期待もする事は無かったが、一緒にいる母や叔父叔母のために場所をキープ。しかし、暑いためか叔父と叔母は途中であきらめた。私も暑さと人ごみに気分が悪くなるほどであきらめかけた。しかし母はどうしてもという強い意志があったので私は付き合わざるおえない。

予定時間が近づいた頃「15分遅れる」とアナウンス。冗談じゃない。人ごみは暑さを倍増させてあきらめるにはちょうどいい言い訳になる。所が母はあきらめることを知らない。おまけに持ってきたカメラを私に渡し「写しなさい」と指示をする。もうこの時点では後ろに戻ることも出来ないほどの人が集まっていた。よく見ると前から3列目ほどで結構前にいることに気がついた。これなら写真撮影も出来るだろうし、近い所でお二人を拝見できる。ちょっと欲が出た。
そうこうしていると、とうとうお二人の姿が!!!!!!ちょっと興奮。それに大きな輪を空けて円状になっていたが、運のいいことに私たちのいるほうに歩いて来られる。かなり近い。
待っている人に話しかけられながら、徐々に近くへ。回りもかなり興奮状態。冷静になって欲しいよなぁ、とつぶやく。

そして、もう少しで私の目の前に!!!!!!思わず手を振ってしまった。テレビで天皇皇后両陛下を待って手を振る人たちをニュースでよく見るが、あれだ。私は今まで「手なんて振って恥ずかしい」と言っていた。が、そんなことをすっかり忘れて思い切り手を振る。
そしてとうとう手を伸ばせば届きそうな距離に。この時不覚にも「ギャー」と叫んだ。
一体どうしたんだ? 冷静な自分は何処へ行ったというのか? 
後から母に「あなたが一番喜んでいた」と言われたが、それは私を落ち込ませる言葉だと知っているのか?

肝心の写真撮影だが、遠くから歩いてこられるお二人を何枚か写した。そして目の前で美智子様がこちらを向いて微笑まれた。シャッターチャンス!!!!!がフィルムが・・・・・ない。ジジジーというむなしい音と共にフィルムは巻き戻されたのである。


自分の知らない自分がある事を恐れてはならない。たとえ自分の知らなかった自分が結構恥ずかしいヤツだったとしても、逃げてはならない。
そう、全てが自分なのだ。
[PR]
by kyouhei414 | 2005-07-12 23:16 | コラム
<< 悲しいということ ポテトチップス >>