人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
おじさん
叔父からメールが来たのだが、タイトルが「おじさん」になっていた。今までタイトルを入れてきたことが無かったので、最初見た時、変な迷惑メールかと思ってしまった。

叔父はとりあえず今の所は異常が無いらしく、次の検査は10月だということらしい。しかし、3ヶ月も検査も無いなんていうのは不安な気がしないでもない。それに抜糸忘れた糸が出てきたらしく自分で抜いて抗菌ガーゼを張ったというから恐ろしい。私なら直ぐに電話して病院に飛んでいくだろうが・・・・
そうそう、しめは「おやすみ」だった。簡単な所が叔父らしい。


ある番組で未来への希望、みたいなタイトルで明日への希望を話し合っていた。未来を期待することは愚かなことで、今を大切にすることの方が大切だというのだが納得できないでもない。

特に癌という病気を治療していると、未来は不安を感じるものでもある。本当なら治療をしたので未来が明るいと手放しで喜べるのが一番いいのだが、そうは行かないのが癌の厄介な所だと思う。だからと言って何も治療をしないという事も得策ではない。それに抗がん剤治療をしていると目の前の副作用で手一杯という場合もある。実に厄介だ。

明るい未来を想像する時、人は果てしなく都合のいい事を頭に描きとても強くなる。傲慢になるのもそういうときだ。反対に不安な未来と向き合うとき、人は弱くなる。そういうときほど先の先を想像し弱さを増して行く。それが広がって悲観という心理も生み出す。しかし、先へ先へと走っていった想像がつい目の前にあるこの今という時間、今ある自分へ戻る時がある。その時初めて「今という時間を大切にしよう。一日一日を大切に生きていこう。今日は笑顔でいよう。」と思う。
私は不安な未来と向き合い悲観的になった。父は悲観の中から「一日でも元気で長生きをしたい」と自分を見つけ出した。私は父のその姿を見て今を生きる事を学んだ。
叔父は「兄貴(私の父)の年までは生きるからな」と悲観の中から目的を見つけた。
その叔父の姿に強さを見た。

叔父も父も未来への期待ではなく、希望を持っていた。その番組でも「未来に希望を持つ事は今を大切にする事だ。いたずらに未来を期待することは今の自分を知らないということだ」と言っていた。

そういうことを生かしきれないところが私の悪い所なのだが、せめて時々思い出して忘れないようにしよう・・・・・・
by kyouhei414 | 2005-07-30 00:21 |
<< ジュディー 細長いかぼちゃ >>