人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
鼻ちょうちん
昨日は父の三回忌と祖母の十三回忌だった。お客さんの中には犬を苦手とする人もいるし、毛が洋服につくのを嫌がる人もいるため、こういうときはジュディーとさくらはいつも2階で待たせている。寒がりの2匹のためにストーブをつけ、電気カーペットも電源を入れて寒くないようにしているが、下に下りて皆の仲間に入りたいため階段に置いてある柵のところからしつこくキュンキュンと「ここにいるから仲間に入れて」と要求をする。階段にはストーブをつけていないから寒いはずなのに、こういうときは震う程寒くてもあきらめない。

無事に終わり、殆ど皆さんが帰られた後2匹を1階に下ろした。すると、余程寒かったのかいつまでも震っている。ジュディーはどうしても寒かったようでひざ掛けにもぐりこんだ。
さくらは私に抱っこをしてほしいと要求するのでこのときばかりは震えないようにしっかりと抱っこをしてあげた。私に「あったかいよ。ありがと」とでも言いたげに見上げたその顔に・・・・・鼻ちょうちんが。。。。思い切り笑った。すると「何がおかしいの?」と私の顔をじっと見つめるが本来鼻呼吸の動物であるため、その鼻ちょうちんはちょっと拡大した。余計に笑った。

犬でも寒いと鼻水をたらすことがあるが、鼻ちょうちんは人間でもしばらくお目にかかったことがない。非常に貴重なものをみたのかもしれない。



さて、法事のほうだが。
人は大切な人を亡くすとしばらくその人の話題が出る。
生前の癖や、話し方、会話の思い出、等はもちろん「あんなに元気だったのに」というような故人を悼む言葉も出る。しかし、関係が遠くなるほどその悲しみが薄れるのも早く、中には話題にすらしない人もいる。関係が濃くなるとやはり父や祖母の事を話題にし懐かしむが、そこに涙はもうない。
もちろんそういうものだと思うのだが。

しかし、私はこれからも皆が父や祖母を忘れてしまってもいつまでも忘れることなく、父と祖母を悼む気持ちや悲しむ気持ちを持ち続けるだろう。誰かに何時までもしつこいと思われても、花を供え、ご飯を用意し、今までの口調で話しかけ、時々父の悪口を言い、目を閉じて二人の笑顔を思い出していくだろう。
by kyouhei414 | 2005-12-19 23:31 |
<< 生け花 寒さに弱い >>