人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
気になること
今日は父が入院していた大学病院へ用があって行って来た。あの病院での想い出は沢山あるけれど、今日はとても気になる事を思い出した。

父が大学病院を退院して通院し始めたころのこと。当時三匹の愛犬たちが出かけるときに寂しがるので、父が連れて行くという。少し芝生の生えた犬が走るにはいい場所があり診察が終わったらそこで走らせたいらしい。私は父に従い愛犬3匹を連れて病院へ。そしてその芝生で走らせたとき親を探している巣から落ちたツバメを発見。父はそっと手に抱きかかえじっといている。

以前、父の仕事場にツバメが巣を作り同じように子供が巣から落ちたのを保護して育てたことがある。毎日仕事場から連れて帰り、えさをやり翌朝仕事場につれて行った。そのツバメを抱きしめている父をみてその事を思い出した。

父もその経験があるからか「うちへ来るか?」と言っている。私も連れて帰って面倒を見よう、と言った。しばらく抱きしめて「面倒を見てやりたいが自分が病気だからつれて行くわけにはいかない」とつぶやいた。しかし本当は父は連れて帰りたい様子だ。「皆で面倒を見れば大丈夫だしお父さんも随分元気になったからいいんじゃない?それにこのままでは可愛そうじゃない」と言った時、父は
「面倒を見るからには責任がある。”かわいそう”だけでは面倒を見る資格は無い」と言った。そしてそっとツバメを落ちていた場所に戻し
「誰か親切な人に拾ってもらったほうがいい。きっと誰かが面倒を見てくれるからな」と話しかけていた。巣から落ちるのも運命であるとも言っていた。
最期に
「お前も自分も闘わなくてはな」と付け加えた。



あのツバメはどうしただろうか
by kyouhei414 | 2006-01-31 23:05 |
<< 節分 花 >>