人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
久し振りに父の夢を見た。
それは、私が子供で父はまだ若い頃に戻っていて、私は振袖を着ていて発表会か何かに参加するようだ。ところが、その会場で何か事件が起こるらしい。私はとても怖かった。
どうやら母に連れられていて、父は遠くにいってしまってここには来ないことになっている。そのためか、父がいないことも不安を増幅させていた。
会場がソワソワし始めると、余計に私は不安になっていく。同じように振袖を着た子供は何人かいて、その子たちで輪になって恐怖を抑えようとしている。
すると、場内放送がかかり「○○さんが会場にお入りになります」という。それは、まさしく私の父であり、走って会場の外へ出て行った。事件とは父が不意に会場に現れる事だったらしい。
走って父の元へ行くと、父は数人の男性と一緒にいてその人たちと会場で挨拶をする役目らしい。きちんと着込んだ背広が印象的だった。
私は「お父さん」と叫びながら父の元へ走っていく。しかし、父は「ダメだ。来るんじゃない」と私を拒絶する。
父は出番を待ってその場所にいたらしく、私の相手をしている暇はないようだった。しかし、父にしがみつき、「何処へ行っていたの?」と泣き叫けぶ。父は「すまなかった」とつぶやいた。


この夢と現実の違う所は、父を待っても来てくれないというところだろうか? 寂しい気がする夢だったけれど、あれだけ夢の中で泣き叫びどこかすっきりした気もする。



寂しさとか、悲しさ、辛さなどは波のように大きくなったり、小さくなったりする。そして徐々に波は穏やかなものになり、波に飲まれて苦しむ事は減っていくのだろう。実際、私自身も夢のように泣き叫ぶ事は今はない。ただ、穏やかな波と一緒に生活をしている感じがする。
あの夢はきっと子供の頃ではなくて、父と恭平がいなくなったあの頃の自分なのかもしれない。
by kyouhei414 | 2006-02-05 23:52 |
<< グリーンマイル 節分 >>