人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
目覚まし
昨年の初め、新年の抱負は早起きだった。
しかし、意志の弱い私は早起きは習慣にならずで、もっと悪いことに早起きという抱負を忘れてしまう始末だ。

今年の抱負は、決めた事を忘れない・・・がいいと思う。

私の目覚まし時計は2つ。一つは一般的な時計に目覚ましがついたもので、もう一つは父が使っていた携帯を解約しその機械を目覚まし時計として使っている。

父の所有していたものは、仕事のもの意外はほとんど残っている。仕事は「ご苦労様」という意味を込めて最小限にして片付けた。父の部屋の物は生前に処分してもいい、と言っていた古本や雑誌などを片付けたがそれ以外はほとんど残っている。
靴も下駄箱にあるし、洋服もクローゼットにある。

つりの道具は一部を父の友人に使ってもらっているが、それ以外は残してある。あの1本の竿をのぞいては。

その竿とは私が勝手にオークションに出して売ったものだ。あの時何を考えてオークションに出品したのか・・・・・
部屋に竿があると辛かったのだ。病と闘っている最中に茨城の叔父の所へ行き釣りをしたいと言っていた。自分が元気なら鮎つりへ行きたいと一緒に釣具屋へ行き竿を買った。一緒につりに行き釣った鮎をおいしそうに食べた、そんな記憶が辛くて絶えられなく、誰かに使ってもらったほうがいいと思った。
そして、荷物を送った後落札者から「竿が折れていた」と電話があった。鳥肌が立った。かなりしっかりと包装をしたし、パイプを購入して保護も万全だったのにだ。相手の方も「これだけしっかりと保護がしてあったのに折れたのは初めてだ」と驚いた様子で、私をとがめる事はしなかった。
私はありえないことだけれど、父が怒っていると感じた。大切な物を人手に渡すなどどういう神経だ、といわれている気がした。声のない父の怒りは私にどうしようもない苦しみを与えた気がする。数日間は眠れない日が続き、反省を超えて苦しかった。

どうして辛いからという理由で手放そうとしたのか今振り返ると自分の行動が理解できない。しかし、その出来事から私は父の物を大切にするという気持ちになっていった。

毎朝、父の携帯で目を覚まし父の面影を毎朝感じる。
父が「決めたことはきちんとしろ」と言っていた言葉を思い出す。
今はもう父は私に言ってはくれない。
しかし、「父の物、父の言葉を大切にする」と決めたのだから
これからはしっかり守っていきたいと思う。
明日は少し埃のかぶった釣竿を磨こう。
by kyouhei414 | 2006-03-23 00:04 |
<< 健康 一人ヨガ >>