人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
久し振りに
父の夢を見た。

先月の父の月命日を母が忘れていて遊びに出かけたまま帰ってこなかったので、私は1人で出かけた。正確には1人と2匹。
春は花も綺麗だが、雑草も元気がいい。綺麗に雑草を抜き、花を供えお線香とろうそくを立て、いつものように父に話しかける。私は父に「本当に頑張ったのだから、ゆっくり休んで下さい」と言う。見守っていて欲しいとか、辛い時に助けて欲しいとか、そういう事はあまり思ったことがない。皆は「天国から見守っていてくれる」と言ってくれるが、私には仕事を頑張った父、闘病も力の限り頑張った姿を思うと「ゆっくりして欲しい」という思いのほうが強くなる。
「ゆっくり休んだよ」と父が言ってくれたら「じゃ、これからは私の事を見守っていてね」とお願いしたいとは思っているが、しかし、言ってくれるはずもなくいつもそのような事をお願いするタイミングはなかった。
元々父はそういう人で、見ていない顔をしていながら何か困ったことがあると、いかにもと言う感じで助けを出す人だった。私が何も言わなくても父は見守っていてくれる、助けてくれる、そう信じたいというのも正直な所で、結局はいまだに父を頼りにしているのかもしれない。

そんな事を思いながら、1人お花を供えていた。


「父は夢の中でも病気だった。家族で外出するのだが母と弟は自分のペースで歩いて行ってしまい、父が疲れて道に座り込んだことを気付かない。私は父を抱え布団に寝かせた。ゆっくり休めたのか父は「もう大丈夫だ。心配ない」と私に言った。母と弟は別の部屋で自分の事をするのに夢中な様子だった。何をしているのかは夢の中では判らなかったが、私は父が「大丈夫」と言ったその言葉に安堵し、元気そうな様子の父を布団の横でじっと見て喜んでいる」

そんな夢だった。

夢の中でも「大丈夫だ。心配ない」という父の言葉を聞けただけでどこか嬉しく、そして何故か父に「見守っていて下さい。困った時はそっと助けてください」と言いたくなった。理由は判らないが、ただ、そんな気持ちになった。



<おまけ>
2匹が取り立てて手伝ってくれたり役にたつ等と言うことはないが
いつもお墓参りにつきあってくれる2匹に感謝しちゃいます


c0057041_0212998.jpg

by kyouhei414 | 2006-05-15 01:06 |
<< 雨 犬は笑う >>