人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
祖母のこと
父の母は33歳の時に夫が亡くなった。当時「後家」という表現で世間の風当たりは厳しかったらしい。父を長男に5人の子供を抱え大変な苦労があったという。

私はお饅頭の粒あんが嫌いでお饅頭をもらうとまず半分に割って中身がこしあんだと食べる、という好き嫌いの激しい我侭な子供だった。ある日、祖母がお饅頭をくれたのでいつものように半分に割ると祖母が私をきつく叱った。手にしたものはたとえ嫌いでも食べなさい、と当たり前のことを言われたのだが、祖母がちょっと怖かった記憶がある。
そしてとても几帳面で恭平が我が家にやってきたときに、犬を座敷で飼うという行為を気に入らなかった。



いつも、父は「お前はだらしない。自分がそんなことをしたらおばあちゃんから茶碗が飛んできた」とか「肘を突いて飯を食うな!!!! なんという態度だ。自分がそんなことをしたらおばあちゃんから茶碗が飛んできた」と必ず祖母のしつけのことを口にしていた。お箸の持ち方も教えてもらったことはないが、見て覚えろ、と父のお箸の持ち方を真似させられたり、字が下手くそだと叱られもした。
確かに父はきちんとしていて反論が出来なかったし、父にかなうことは何一つない。

祖母は母一人で5人の子供を育てるのに「父親がいないからだらしない」と世間に言われないよう、どこへ行っても恥ずかしくない子供に育てようという思いが強く、かなり厳しくしたのだという。特に食事のときは目線をお茶碗から外しただけで叱るほどだというからかなり厳しい。
今はそういう事はあまり気にする人も多くないが、時代という背景が大きかったのだろう。
父はそんな祖母のしつけを忠実に守り、生涯崩すことはなかった。

祖母は84歳で亡くなった。生前、私に抹茶茶碗を遺品として渡してくれた。「ずっと前に買ったものだが自分も年を取ってきたので今のうちに直接渡したい」と言い私に手渡してくれた。
不思議なことに父には何も残さなかった。


今もその抹茶茶碗は私の部屋のキャビネットに飾ってある。時々眺めると祖母の厳しさにもう少し触れたかったと思う。もう少し祖母の若い頃の話を聞きたとも思う。祖母のしつけも詳しく知りたかった。
それから、父には何も残さなかったのがどうしてか聞いてみたかった気がする。


ただ、父が私に何も残さなかった理由は祖母の抹茶茶碗から見えてくる気がする。

父は祖母の写真をずっと持っていた。おじいちゃんの残した懐中時計もそっと持っていた。

私も、父の写真をキャビネットに静かに飾ってある。おじいちゃんの懐中時計も私がこっそり持っている。

一つだけ、に祖母のしつけは父で終ってしまったのが残念だ。
by kyouhei414 | 2007-02-01 23:32 |
<< ちょっと反省。。。。 ジュディー >>