タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
学校
今日、学校の番組を放送していた。しっかりとは見られなかったが今は大人になった人たちが学生だった頃の話などがメインだったみたいだ。

私にも心に残る先生がいる。
小学5年、6年生の担任の先生でいわゆる破天荒というか、元気のいい先生だった。ある給食の時間、一人の生徒がはしゃいでいて羽目を外した。その姿を見た先生はぶち切れて食べていた給食をその生徒の背中に投げつけた。これが見事に背中のど真ん中に命中。

翌日、皆の前で「いいか、いくら頭に来ても給食を投げつけてはダメだ。もちろん他のことでも、やりすぎることはいけないんだ。僕は昨日S君の家に行きご両親に謝ってきた。やりすぎたと反省している。S君、ごめんな」と言った。クラス全員がその先生の話をじーっと聞いていた。ちなみにその生徒は我が家の近所の子供で、今はとても立派なお父さんになっている。

本当にめちゃくちゃな先生で、私達は皆で学校の帰りに先生が立ち寄っていた喫茶店に押しかけご馳走になったりした。翌日「生徒を喫茶店に入れるなんて何てことだ!!!と校長に叱られちゃったぞ」と生徒にこぼしたりして、なんというか今考えると想像できないようなタイプの先生だった。でも、すごく人気があり先生の家に遊びに行ったり、一緒に遊びに出かけたりもした。

しかし、楽しかった先生との日々は突如切られてしまう。
小学6年の夏休み。


「先生が亡くなった」と連絡が入ったのだ。夏休みを利用して旅行をしていた最中の出来事だった。
亡くなった原因は、交通事故で頭を打ったことがありしばらくは元気にしていたのだが、その事故が原因だということだった。本当に何の前触れもなく天国へ旅立った。
確かに先生は「せっかっく車を購入したのに、ドライブをしていたら川に転落し車が廃車になった!!!!」とその日のことを私達に話していた。
頭が痛い、と頭を抱えていたという噂を聞いたりしていたが、この時こんな悲劇になると誰が想像しただろう。。。。。

生徒全員は親たちとともに葬儀に参列した。どの生徒も泣いた。とても悪くていつも先生に叱られていた生徒が涙を抑えきれないのか、悔しさを隠し切れないのか、きつく握ったこぶしが震えていたのを今でも覚えている。

卒業式の日、数名が代表で先生のお墓へ報告をするということになっていた。
先生が「代表で行きたいやつは手を上げろ」と言った。残りがあと一人、というところで誰も手を上げなかった。何事にも積極的な生徒ではなかったが、この時手を上げずにはいられなかった。私でいいのだろうか?という疑問を持っていたが、先生のお墓の前でその疑問は涙と一緒に流されていくのを感じた。

小学5年生のときだったと思う。作文大会のクラス代表に選ばれた。私は先生が私の作文を選んでくれたことがとても嬉しく、先生のためにも頑張ろうと思った。何度も先生の個別指導を受け、あの喫茶店でジュースをご馳走になりながら作文を読む練習をした。
しかし、あがり症の私は時間内に読むことが出来ず、予選で落ちてしまった。この想いが私に手を上げさせたのかもしれない。

いつかもう一度あの先生のお墓へ行きたいと思いながら長い年月が過ぎてしまった。しかし、私の心の中には忘れることなく存在している。そして、生涯忘れる事はないだろうと思う。
[PR]
by kyouhei414 | 2007-04-04 00:02 | コラム
<< 先生その2 たまにはこんな写真も >>