人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
父の夢
久しぶりに父の夢を見た。

しかし、内容を全く覚えていない。確かに夢を見て確かに父が出てくる夢だったのに思い出そうと思っても全く思い出せない。

夢にも色々種類があるらしく、正夢、心理的な夢など、それぞれに役割もあるらしい。正夢の反対に逆夢というのもあってとても興味深い。私は夢をよく見るほうなので以前、夢日記をつけていたことがある。ただ日記をつけるだけではつまらないので夢辞典を購入し、照らし合わせて楽しんだりしていた。
夢辞典というのは夢の中に出てくるシンボルを見つけ出し、自分の現在の心理状態などを探ることが出来るというもので、気づかぬうちにストレスが溜まっていることに気づいたり、現状から抜け出したいと思っているのに抜け出せないのでその気持ちを押し殺している状態であると教えてくれたりする。
全てが正しいわけでもないし、見た夢の全てにシンボルがあり心理状態が現れているとも言えないが、時々ドキッとする夢に出会う事がある。

父が亡くなってから父の夢を何度も見たのだが、病気で弱った父の記憶より、元気で頼りになる頃の父の記憶を留めておきたいという心理が働いていたことに気づいた。
病気の頃の父の姿を思い出すとどうしても涙があふれ、どうしようもない感情にさらされて辛くなる。
ある時父が元気な頃と変わらない姿で夢に出てきたのだがその夢はとても鮮明で、今でも思い出すことが出来るほどだ。そして、元気な頃の父を思い出す事の方が父にとっても私にとってもいいことのように感じた。上手い表現が見つからないが、病気で辛い時期を思い出してばかりいると、前に進めず行き止まりになってしまう。しかし、元気な頃の父を思い出すとその父の元気な姿は際限なく広がり、過去も未来もまるでないかのように色々なことを思い出せる。
ふと手を伸ばすと手に届きそなほど近い所に感じたり、その時の会話でさえもしっかりと思い出せたりする事もある。
どうせならそういう思い出をプラスとしていきたいし、思い出とはそういうものであって欲しい。


もちろん、病気で辛い時期を忘れ去る事は不可能だけれど、負けないと頑張った姿は、辛いことがあっても頑張る、と勇気にしていけばいい。
その思い出の中には必ず自分がいるのだから。。。。。。。。
by kyouhei414 | 2007-04-17 00:10 |
<< 天水訟 不思議な話 >>