人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
掲示板の意味
じみぱさんとやまとさんと闘病をともにしてきて、支えられたことの一つに某掲示板がある。あの掲示板があったからこそ・・・という事も多くあった。当時は書き込みをしなかったが、お二人から個人的に励ましをもらったり、ご好意を頂いたりした。私にとっての掲示板は自分を励ます場所であったのは間違いない。
しかし、書き込みをしているうちに自分の場所のようになっていったのも事実で、公の場所で、誰もが読むことが出来るということを少し遠くに感じることがあった。しかし、やはり基本は公の場所であるということだろう。
そして3人の中で、私だけ叔父の癌と向き合い癌というものからは完全に離れずにいる。そのため某掲示板には時々出ているが、お二人は私とは全く違うと思う。
「死」はその人の死を意味するだけではなく、自分の生活にも、この先の自分にも大きな影響を及ぼす。たとえ病気でも生きている大切な人との生活と、亡くなった人との生活、というものが同じであるはずは無い。
しかし、掲示板ではお二人は時々顔を出してくれる。自分が立てたトピだからという責任感ではなく、経験をしたからこそ辛さが判るのでトピを消しさることがしにくい。
この病気になると以外に世間は冷たい。私も父が癌になったとき、ある人から「あとどれくらい」と聞かれたことがある。冷徹な一言だ。又ある人は「治るの?」と聞いた。答えに詰まった。それは辛かったからだ。しかし、あのトピではそういった辛いことを吐き出せる場所として私の中では存在していた。世間が冷たくても理解してくれる人がいる。同じ境遇の人がいる。そう思うことで自分を奮い立たせることが出来た。お二人が大切な人を亡くされてから時々荒れるあのトピを見ていると悲しくなる。しかし、私は恵まれていたと改めて思うことも出来る。暖かい心を持った人達に支えられ、暖かい心を頂いたのだから。
やはり感謝の気持ちで一杯になる。

H・Pへ戻る
by kyouhei414 | 2005-02-12 16:41 | コラム
<< せっかく 私はニブイ >>