人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
水地比
比とは親比、親輔、人々互いに親しみあい助け合うの意味。人々が一人の君を仰ぎなついている形である。人と援け合うのはもとより吉であるが、その相手を失してはならぬ。それ故に親しみ合う相手はよくよく推し、自分にとって善き永久的な正しい徳がある人を選び得てこそ、咎なきを得る。このようにすれば今まで不安を抱いて親しむことの無かったものまでやがて慕いよるであろう。そうなってもぐずぐずして遅れて親しんでくるような人は凶である。

訳;
この卦の形は、地に水がしみこむ様子を表していて、いかにも自然に溶け込む様子を表している。人と人が親しみ援け合うと不思議な力が生まれ、陽気を生じる。そして今までは不安に思っていた人たちも自然に集まり結束し陽の輪は広がる。
しかし、ただ一人懐疑的でぐずぐずして遅れてくる人は凶である。つまり折角の輪を乱す元となってしまう。





基本的に自分が相手を慕っていくというのではなく、人に慕われる、という方向のことを言っているのだが慕われたからと言って必ずしも吉とはならず、よく見極め親しみ援け合える相手なら問題はない。それどころか、不思議な力に引き寄せられるように人は集まってくる。その力は簡単には崩せないと思い、何でも出来る、乗り越えられる、強い、など傲慢になったときには凶の波が押し寄せている、という教訓でもある。
問題はその凶の元となるのは案外、外部の事情や、敵陣ではなく見方の中から発生することで、それに気づかないことの方が多い。

もともと、人に慕ってもらおうと考えても簡単には人は集まってくれない。集まってくれたとしても自分の魅力だと思い込みやすいし、集まった人がそう簡単には離れていかないと信じるのが普通だ。
しかし、人が離れていくときのスピード、一旦乱れた時のモロさなどは、気づいたときには手遅れであることがほとんどじゃないだろうか。吉の力が強いのと同じぐらいに凶の力は強いと思えば不思議ではないが、それでもまだ戻ってきてくれる、とか助け合ったあの頃に戻れるはず、と信じて疑わない。その時にはすでに抵抗勢力は威力を増している。
そして、崩れてしまった後には二度と同じ力は産まれな事を知る。。。。。。
by kyouhei414 | 2007-09-14 00:59 | 易経
<< 連休 涼しい >>