人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
電話はかけるな
今日は叔父の携帯に電話した。しかし出なかったのであきらめると、夜かかってきた。
いきなり「店の休みの日には電話をしてくるな。出ないからな」
といわれた。休みの日はパチンコへ必ず行くとの事で、電話が聞こえないからかけてくるな、というのだが・・・・・
といいつつ、電話をしてくるところが可愛かったりする。


病院で腫瘍マーカーが上昇したと言われたらしく、心配をしているようだった。「あくまで目安だから気にしたらダメだよ。それより、食べて体力をつけることの方が大切なんだからね」と答えた。
抗がん剤が始まると中々食べれないらしく、一応無理をしてでも食べるようにはするものの、限界があるらしい。そんな叔父に一応エンシュア リキッドやカロリーメイトのゼリータイプを薦めておいた。
無理にパンなどを食べるより、ある程度の栄養が取れるそれらのものを口にした方がいいのではないか、と思ったからだ。
とにかく抗がん剤の副作用に負けない体力をつけて欲しい。



お店のお客さんで糖尿病の人がいるらしい。その人に「病人と思えないあっけらかんとした明るさがあるな」と言われるらしい。叔父は「悩んでも治らないからな。悩むだけ損だぞ」と答え「お互いどちらが早くこの世から去るか競争だな」と付け加えたというから恐ろしい。
叔父らしいといえば叔父らしいが。。。。


話をするといつも思う。私は叔父が好きだ・・・・って。
今日も叔父は「声は前と変わらず張りが合って元気そうだろ?」と私の答えを確認する。
実は少し元気の無い声をしていた。私はそれでも「本当に病気なの? って声だよ」と答える。
一時間半ほど話したが、途中から本当にいつもの叔父の元気な声に戻っていった。



それから、今の主治医がなんと私の家の近くの総合病院に勤めていた経緯があるらしい。出身が我が家の隣の県でその近くで叔父は若い頃床屋の修行をしていた。
もしこちらに戻る事があるならその病院の先生を紹介する、と言っていたらしい。
叔父もその偶然に驚き、そんなこともあるもんだな、と喜んでいた。


偶然という言葉は時に不思議で、大して影響はないのに喜びを感じたり安心感を覚えたりするものだ。
叔父の身内は近くには一人もいないし、きっとそういう偶然から親近感を抱き、信頼をよせ、そして治療によい影響を与える、と、そんな期待をしている。


どんな状況でも叔父の永遠の応援団長だと、伝え電話を切った。
by kyouhei414 | 2008-07-23 00:44 |
<< 珍しく 叔父の孫 >>