人気ブログランキング |

タイトルは親友のあ~やに頂きました。コメントは記事の下のcommentsをクリック
by kyouhei414
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
癌・ギランバレー☆闘病記のH・P管理者の日記。
愛犬の写真は
Bowwow diary
にもアップしてます。主に失敗作ですが、愛着あるのでついついアップしてしまう私です・・・
又、こちらに愛犬グッズサイトを始めました。
H・Pに戻る
カテゴリ
全体
愛犬
コラム

易経

その他
スピリチュアル
老犬介護
未分類
以前の記事
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
お気に入りブログ
日々の暮らしとわんこと手...
ライフログ
検索
記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル
画像一覧
地震
ジョセリーノというブラジル人の予言者が
「9月13日にマグニチュード9.1の巨大地震が中国を直撃し、百万人に達する死者を出す可能性があります。もし中国で地震が起こらない場合は、日本の名古屋でマグニチュード8.6の東海地震が発生する可能性があり、その場合、600名の死者と3万人の家屋が失われる可能性があります。
(* 2007年5月8日発刊の手紙より)」
という予言をしていた。
が、外れたようだ。


防災道具は売り切れだというし、案外世間で話題になっていた。
友達も枕元にそれなりの準備をしておくと言ってたし、私も一応準備をした。
もちろん、予言を信じていたわけではないが、いいシュミレーションになる気がしたのだ。
普通は何時地震が起きるんだ、と身構えることはないがもし地震が起きた場合、どんな行動をとるのだろうか、どんな逃げ方をするのだろうか、と実際に起きると仮定して考える時間を持ったのはいいことなのではないだろうか?
もちろん、実際に被災した場合は予想をなど全く当てにならないだろうが・・・・
避難訓練など大人になってからはしたことがないが、大人になって初めて取り組んだ避難訓練みたいな感じかな。


しかし、実際に被災を経験された方々もおられると思うが、実際に大きな被害を受けたと仮定して考えてみるだけで、本当に色々な問題が浮かんできて恐ろしくなってしまった。
そう思うと、改めて過去の被災者の方々にはお見舞いしたい気持ちにもなった。
一体復興するのにどれだけの力が必要だったのだろうか。いや、まだ今でも心の傷として残っている人もいるだろうし、気持ちも含めて復興の途中という人もおられるだろう。

中途半端な気持ちや、「予言者が言ったから」みたいな甘えた気持ちで実際のシュミレーションなど出来ないと思った。



そして、自然災害にあうかも思って恐怖を感じるより、その後復興する力強さを持つことの方が難しくて、なおかつ大切なんじゃないかって思う。
by kyouhei414 | 2008-09-14 23:58 | コラム
<< 年をとるということ どうしても鶏がら >>